福島直哉詩集 わたしとあなたで世界をやめてしまったこと

著者:福島直哉
定価:2400円+税
判型:A5変形並製(クータ)筒函入り
ページ数:120
ISBN:978-4-908568-09-1

※必要事項を記入して下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号

都道府県

市区町村・番地

建物名・お部屋番号

お電話番号

ご希望冊数
  

特記事項

書籍の説明

波の音はいつまでも鳴り響いているだろう。空はいつまで
も青を広げているだろう。やがて誰もいなくなった浜辺に
は光や風が届いてくるだろう。そして誰かが残した足跡か
らは思いが溢れてくるだろう。わたしやあなたの思いも溢
れてくるだろう。光に照らされて、生きている人々の、死
んでしまった人々の、すべての思いが溢れてくるだろう。
そうして、すべてというすべての思いが風に乗って、これ
から生まれてくる人々に向かってゆくだろう。

屈折と断絶、そして邂逅と別離の限りなき反復
ふたつの若い身体に訪れる息詰まる試練を
世界は新たな希望と見なすのだろうか
現代詩の現在に誕生した若々しい恋歌、
福島直哉第一詩集刊行

目次

いつかをどこかで待っている
さよならの意味が始まって
わたしが子供に帰るとき
蹲る砂浜
病室の空
冬の木霊
抽斗の手紙
牛の街
春の匂いが染みついて
森の駅
燐光の流れる川
薄明の朝
わたしのお墓
どこまでも流離うためのせかい
水平線の椅子
透き通る道
砂糖水の夜
海岸線の発光
無人の販売所
満月の夜
声の行方

*現在、お取り扱いいただいている書店は次の通りでございます。

【北海道】
MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店

【関東】
青山ブックセンター本店
紀伊國屋書店 新宿本店
三省堂書店 神保町本店
ジュンク堂書店 池袋店
水中書店
Title(荻窪)
東京堂書店
隆文堂(国分寺)
丸善 ラゾーナ川崎店
丸善 津田沼店

【中部】
ちくさ正文館(名古屋市)

【近畿】
ジュンク堂書店 大阪本店
葉ね文庫(大阪市)