鈴木正枝詩集 そこに月があったということに

著者:鈴木正枝
定価:2000円+税
判型:四六判並製(クータ)
ページ数:112
ISBN:978-4-908568-07-7

※必要事項を記入して下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号

都道府県

市区町村・番地

建物名・お部屋番号

お電話番号

ご希望冊数
  

特記事項

書籍の説明

遠すぎる距離が淋しいだけ
時の往来、日々の陰陽にひそむ解き得ないこころの揺れ。その揺れの小さな叫喚にそっと手を寄せる。鈴木正枝第二詩集刊行。

薄い闇が忍び寄るころ
初めて気づく
そこに月があったということに
ほんとうはずっとそこにあった
町も家々もずっとそこに
〔…〕
私は想っている
そうやって部屋がひとつ消えたことを
そうして
そのぶん町は暗くなるのだ
どんどん容赦なく暗くなっていくのだ
忘れない
気づかれなかったという現実が
何年も物言わず溜まっていくということを
Mよ
私は忘れない
──「陽が落ちて」抜粋
装幀=田代しんぺい

目次

隠し事
一輪
理由をさがして
去りゆくもの
一枚の斉藤
陽が落ちて
りんご園
転位していく想い
別れ
春の暮れ方
雨とおばさん
アラと
帰り道
正午
ある晴れた朝に
バイバイ
わたしと女の子
今日の出来事
小さな叫びが
ふたりの世界
命のねむり
午後の訪問者
いえの構造
三十二歳の誕生日
銀の鞘えんどう
残っていくもの

*現在、お取り扱いいただいている書店は次の通りでございます。

【北海道】
MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店
【関東】
紀伊國屋書店 新宿本店
東京堂書店(神保町)
MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店
三省堂書店池袋本店
三省堂書店神保町本店
隆文堂(西国分寺)
古書と古本 徒然舎
丸善ラゾーナ川崎店
丸善津田沼店
【中部】
ちくさ正文館(名古屋市)
【近畿】
ジュンク堂大阪本店
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店
葉ね文庫(大阪市) 丸善京都本店