【新刊】手塚敦史詩集 球体と落ち葉

著者:手塚敦史
定価:2400円+税
判型:A5判変形・仮フランス装
ページ数:116
ISBN:978-4-908568-18-3

※必要事項を記入して下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号

都道府県

市区町村・番地

建物名・お部屋番号

お電話番号

ご希望冊数
  

特記事項

書籍の説明

午後遅く、太陽の
取り分を与えられた手のひらが
触れた物質その生涯をかけて打ち込めるものへ

「ほんとうの対話ができるものにわたしはなりたい」

手塚敦史、第六詩集。

装画=中島登詩子 造本=稲川方人

あらゆる瞬間において葉は
奥深い思慮の形状へと、ながれるであろう
フィルムに貼られた綿毛や翅などの細かさとともに
複写され、
映写機を通して投影されている
地肌は
気触れてゆく暗やみを見上げ、底から不意に込み上げる胃酸の臭いを
嗅ぎ
これから生まれて来るものを予感している
光源は、幾重にも揺れている
モスライト
とおくまで離れていった印象を、何度もてのひらへ集め、
いつかのほの白い指は
自然の霊気を住まわせたように動く

──「深泥池」より

著者プロフィール
手塚敦史(てづか・あつし)
1981年甲府市生まれ。詩集に『詩日記』(ふらんす堂、2004年)、『数奇な木立ち』(思潮社、2006年)、『トンボ消息』(ふらんす堂、2011年)、『おやすみ前の、詩篇』(ふらんす堂、2014年)、『1981』(ふらんす堂、2016年)。

目次

歩行
到着
極点
白い自転車
バーミリオン
リトゥルネル(ちっぽけな音楽から)
芳しいと思う
蒸気(ラング)
ヒラギノワカレ
(エンと、エンと……)
植物を置く

ヒラギノ(フッテージ)
ははきミメシス
カミハテ
深泥池
ハタエダ
スティルス
「はねは透けて」のネハス
張る、懐く、
どこにでもいる人
エレファント
写真
不知火
水溶性アポカリ
ひだまり抄
苔を育てる女

*現在、お取り扱いいただいている書店は次の通りでございます。

【東北】
ジュンク堂書店 秋田店
【関東】
青山ブックセンター本店
紀伊國屋書店 新宿本店
くまざわ書店 武蔵小金井店
古書ソオダ水(早稲田)
七月堂古書部(明大前)
ジュンク堂書店 池袋本店
東京堂書店(神保町)
ビア&カフェBERG(新宿)
B&B(下北沢)
BOOKS隆文堂(西国分寺)
BOOKSルーエ(吉祥寺)
MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
丸善 ラゾーナ川崎店
模索舎(新宿)

【中部】
ジュンク堂書店 名古屋店
ちくさ正文館書店(名古屋)

【近畿】
恵文社一乗寺店
蔦屋 京都岡崎店
丸善 京都本店
ジュンク堂書店 大阪本店
ジュンク堂書店 難波店
清風堂書店(大阪)
葉ね文庫(大阪)
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
ジュンク堂書店 姫路店

【沖縄】
ジュンク堂書店 那覇店