【新刊】栗原洋一 詩集 岩船

著者:栗原洋一
定価:2000円+税
判型:A5判
ページ数:64
ISBN:978-4-908568-24-4

※必要事項を記入して下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号

都道府県

市区町村・番地

建物名・お部屋番号

お電話番号

ご希望冊数
  

特記事項

書籍の説明

わが身はすでに 鈴虫の うつせみの灰の身ならば
いまはただこのいつくしみの思いを この枯野にしずめ 薄明の灰に帰らむ
おほかたの 常ならぬ世の 秋の果てに

1990年代に『吉田』『草庭』の二冊の歴史的な詩集を発表し、以後も世界に対しマージナルな位置で孤独に詩作を続けてきた詩人・栗原洋一の26年ぶりの新詩集。
伊予風土記の逸文をモチーフに伊予松山の伝承や神話と詩人の「現在」が往還する長歌「岩船」とその反歌「櫂ノ歌」からなる表題詩篇「岩船」、広島への原爆投下という「歴史的惨事」に対峙する「宇品まで」「厳島」「創造者」など16篇の詩を収める。

栞=稲川方人/林浩平

はるか遠い古語の文献(「源氏物語」等々)に響いているのはあくまでも「現世」に他ならない。「現世」こそが「常ならぬ世」の彼岸であることを、詩集『岩船』はわれわれに教えるだろう。
稲川方人

ハイデッガーがその詩論で唱えたように、我々は生の実存的な不安に晒されるなかで、Da「現」の根源的な顕現である「開け」を経験するために詩を書くのである。栗原氏が郷土松山の歴史の裂目に身を差し入れて、歴史事象を題材として詩を書くことこそが、自らの生を「現存在」として掴みとろうとする、のっぴきならない営為ではないだろうか。
林 浩平

著者プロフィール
栗原洋一(くりはらよういち)
1946年愛媛県松山市生まれ。詩集に『吉田』(七月堂、1990年/新版・2009年)、『草庭』(思潮社、1993年)。

目次

神野
枯葉
波動
告知
宿営地
岩船 岩船/櫂ノ歌
去年の舟
宇品まで
厳島
創造者

海の鏡
失踪者
鈴虫
白き象
焚火

*現在、お取り扱いいただいている書店は次の通りでございます。

【北海道】
書肆吉成 丸ヨ池内GATE6F店(札幌市)

【関東】
青山ブックセンター本店
紀伊國屋書店 新宿本店
くまざわ書店 武蔵小金井北口店
古書ソオダ水(早稲田)
ジュンク堂書店 池袋本店
東京堂書店(神保町)
B&B(下北沢)
七月堂 古書部(明大前)
BOOKS隆文堂(西国分寺)
ブックスルーエ(吉祥寺)
ブックファースト 自由が丘店
MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
模索舎(新宿)
紀伊國屋書店 横浜店
丸善 ラゾーナ川崎店

【中部】
ジュンク堂書店 新潟店
ちくさ正文館(名古屋)

【近畿】
ジュンク堂書店 大阪本店
葉ね文庫(大阪)
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
ジュンク堂書店 京都店
蔦屋書店 京都岡崎店
丸善 京都本店
【四国】
古書猛牛堂(松山)
【九州】
本のあるところajiro(福岡)
長崎書店(熊本)