【新刊】岸田将幸 詩集 風の領分

著者:岸田将幸
定価:2800円+税
判型:A5判変形
ページ数:112
ISBN:978-4-908568-29-9

※必要事項を記入して下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号

都道府県

市区町村・番地

建物名・お部屋番号

お電話番号

ご希望冊数
  

特記事項

書籍の説明

ごらん、これがほんとうの正午の火照り。きみに影をつくる、生きて在ることの静かな明るさ

現代詩の主体と詩語のありかを問い続けてきた詩人・岸田将幸。
前詩集『亀裂のオントロギー』から7年、静かなる耐久の時間を経て、限りある存在の地平から詩にゆるやかな解放をもたらす待望の第六詩集。
装幀=著者自装

本書は単純な章立てで構成した。この四つの場所を行ったり来たりしているのが近年の詩の正直な姿で、それ以上ではない。あとは、おぼつかない生活があるだけである。
それでも、僕は依然として誰かを、何かを説得しようとしている。
(「後書」)

著者プロフィール
岸田将幸(きしだ・まさゆき)
1979年愛媛県生まれ。詩人。現在、農家。
2010年、詩集『〈孤絶-角〉』(思潮社、2009年)で第40回高見順賞受賞。2015年、詩集『亀裂のオントロギー』(思潮社、2014年)で第6回鮎川信夫賞受賞。
その他の詩集に『生まれないために』(七月堂、2004年)、『死期盲』(思潮社、2006年)、『丘の陰に取り残された馬の群れ』(ふらんす堂、2007年)、『現代詩文庫202 岸田将幸詩集』(思潮社、2013年)。
評論集に『詩の地面 詩の空』(五柳書院、2019年)。

目次

詩手帳から(2019-2020)

在所周辺
夢の跡
プレ・モダン・ラブ
風の領分

風穴註釈
若葉
夏の軽蔑
県道

生地へ
破片の島、幻の津
花輪線、冬の石

子どもに疎まれる詩、いくつか
The Glory of Birth
小さな紙
星の数(断片)
はんぶんこ
天の川(断片)
月明かり

後書

*現在、お取り扱いいただいている書店は次の通りでございます。

【東北】
ジュンク堂書店 盛岡店

【関東】
青山ブックセンター本店
紀伊國屋書店 新宿本店
啓文堂書店 吉祥寺店
古書ソオダ水(早稲田)
三省堂書店 池袋本店
七月堂 古書部(明大前)
ジュンク堂書店 池袋本店
東京堂書店(神保町)
B&B(下北沢)
BOOKS隆文堂(西国分寺)
ブックファースト 新宿店
芳林堂書店 高田馬場店
模索舎(新宿)

【中部】
ジュンク堂書店 新潟店
ちくさ正文館(名古屋)

【近畿】
梅田 蔦屋書店
ジュンク堂書店 大阪本店
葉ね文庫(大阪)
丸善 京都本店

【中国】
蟲文庫(岡山)

【九州】
ジュンク堂書店 福岡店
本のあるところajiro(福岡)
長崎書店(熊本)
長崎次郎書店(熊本)

【沖縄】
ジュンク堂書店 那覇店