子午線 原理・形態・批評 Vol.2

定価:1500円+税
判型:B5変型
ページ数:236
ISBN:978-4-9907096-1-7

※必要事項を記入して下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号

都道府県

市区町村・番地

建物名・お部屋番号

お電話番号

ご希望冊数
  

特記事項

書籍の説明

目次

インタビュー
大杉重男 文芸批評は不可能であり、不可避である
安里ミゲル プロレタリア詩人安里ミゲル運動以前史

批評
絓秀実 小林秀雄とマルクス主義
綿野恵太 正しく飢えなければならない 黒田喜夫を論ずるためのノート
長濱一眞
魔法の鏡の社会への註解 アレント,アガンベン,シチュアシオニストを巡る
石川義正 文芸時評1 銀河鉄道の労働者


星野 守 海へ(逝く夏の) 港へ(風の) 晩鐘 秋
山㟢高裕 アリス、アリス、 アーリー CYBORGANISM
杉本 徹 コロニアグエル──惑星日誌
服部史佳 ウォーキン 白日夢 藍を見送る 書き間違える賛辞
栗原洋一 岩船 櫂ノ歌